So-net無料ブログ作成

ホワイトデー

ホワイトデーのお返しについて、本命チョコ、義理チョコのそれぞれについて解説します

 
前の2件 | -

ホワイトデーにプロポーズ!コツや注意点は? [プロポーズ]

ホワイトデーも、クリスマスや、彼女の誕生日に並んで、
ロマンチックなプロポーズの演出の日に選ばれます。


プロポーズは、一生に一度の一大イベントです!
(人によっては、何度もするケースもありますが・・・)


最近は、欧米のサプライズを模範として、大げさな演出をしようと考える
男性も多くなってきているようです。

もちろん、女性の中にはそういうものを求める「ヒロインになりたい願望」は、
昔から変わっていないのかも知れません。


でも、ここで冷静になって考えてみたいと思います。

一生に一度のプロポーズなので、ずっと思い出に残るような
イベントにしたいという気持ちは、よくわかります。

ですが、女性の中には、普通のプロポーズが理想的だと考えている人も
多いのが事実です。


大げさなプロポーズよりも、普段に生活をしていて、テレビでも見ながら
「結婚しようか」なんてポツリと言われる・・・

こういったシンプルなプロポーズに憧れている女性も、けっこういます。


プロポーズを成功させたいなら、彼女がどのタイプなのかを
よく見極めることが大切です。


「夢見る少女」のタイプなら、大げさでロマンチックな演出も、
喜んでもらえて、OKを出してもらえる可能性も高いです。

ですが、すべての女性がそうではありません。


とは言え、ホワイトデーはロマンティックなイベントの一つですので、
彼女の記憶に焼き付けやすいといった効果も期待できます。

大袈裟にならない程度に、彼女が好みそうなプロポーズをするのが、
成功率を上げる秘訣です。


彼女の好みがわからないという場合は・・・
ちょっと厳しいかもしれません。

現時点で把握できていないとしたら、この先にある長い結婚生活を
乗りきることは難しいです。


いつもの何気ない会話から推測したり、彼女の友人・知人に聞いたりして、
彼女の好みのプロポーズをリサーチするといった方法もあります。

ホワイトデーのチャンスを最大限に活かす為にも、
こういった努力は惜しまないで下さい。



ホワイトデーに下着をプレゼントするのはマナー違反なのか? [その他プレゼント]

ホワイトデーのお返しで、下着を贈るという人もいるようですが、
結論から言えば、必ずしもマナー違反ということにはなりません。

恋人同士の関係で、目的が夜の親密度を上げるための下着のプレゼントであれば、
女性側もそれほどには嫌がらないようです。


でも、恋人同士や夫婦ではない関係の場合は、女性から
嫌悪感を抱かれる可能性が高いといえます。

下着というものは、やはり性的関係を感じさせる側面が
強いというイメージがあります。


自分が好意を抱いている男性から貰うのならば、相手の女性も
喜ぶかもしれません。

相手の男性の下着の好みもわかり、性的関係を感じさせる物をプレゼントされるということは、
自分に対して好意があるとも捉えられるからです。


ですが、ほとんどの女性は、自分が好きでもない男性から、
性的な目で見られることには嫌悪感を感じてます。

数年前に、「ただしイケメンに限る」という言葉が流行ったのですが、知ってます?
まさに、その言葉通りだと思います。


例えば、テレビドラマを見ていると、上司に肩を叩かれながら「頑張って」と
いわれるようなシーンがあります。

上司のことを素敵な人だと思っていれば、全く問題はありません。
しかし、容姿も含めて嫌いなタイプの上司でれば、セクハラだと捉えられます。


女性は、自分の好きなタイプの男性から、性的な視線で見られることに
無意識に快感を覚えているというデータもあります。

こういった場合は、露出の多い服装などをすることも多くなります。

ですが、自分の好みでない男性からの性的な視線は、
虫酸が走るほど嫌うというのが特徴です。


ですので、ホワイトデーのお返しで下着を贈るという行為は、
好かれていることがハッキリとわかっている時にしか行わない方が良いです。

本来であれば、性的な関係を結んだ女性に限るのが、一番無難です。
状況を的確に判断してプレゼントは決めましょう。



前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます